【代表者略歴】
大手フランチャイズチェーンで店舗開発及びスーパーバイザーに着任し、加盟企業オーナーに出店戦略コンサルティングや売場改善コンサルティングを実施。
企業オーナーに対してより身近で専門的なアドバイスができる税理士を目指し、税理士業界へ転職。
個人事業主及び法人専門の税理士事務所と相続専門の税理士事務所をそれぞれ経験し、平成30年9月に藤井琢夫税理士事務所を開業。

 

【開業して間もない方へ】
自分が開業して煩わしく感じたのは、事務所の間接業務に時間を取られたことです。普段から経理業務等の間接業務に携わっている私でも煩わしく感じるということは、そういった業務に慣れていない方にとっては税理士が考える想像以上の負担の大きさだと思います。そのため開業を考えている方や開業して間もない方には間接業務にとられる時間を少なくして頂き、売上拡大に専念できる環境づくりをして頂くことが非常に大切だと思っています。一方で捻出できる資金も限られていることから、少ない負担で必要なサービスを受けられる自分に合う選択肢が用意されていることも重要だと考えています。従来の会計事務所では、経理業務を丸投げする記帳代行プランか自分で会計ソフトに入力を行う自計化プランの2プランしかご用意がありませんでした。弊所では記帳代行プラン(本業集中プラン)と自計化プランに加え、専門知識が無くても負担を抑えることができるハーフプランを加えた3プランのご用意がございます。

【事業拡大期の方へ】
事業が拡大してくると開業当初は経営者自身や幹部が行えていた間接業務の量も一人の手では負えなくなってきます。そこで財務、経理及び人事等の間接業務を担ってくれる人材を雇用することを検討されると思いますが、簡単に希望の人材はみつかりませんし良い人材ほどコストは大きくなります。また、小規模な会社の場合、企業の中核となる情報を間接業務を任せた従業員に知られることに抵抗が残るというのも経営者の正直な気持ちだと思います。弊所では、専門的な従業員の方を雇うよりも低いコストで間接業務全体を請け負うことができます。先ずは、任せたい業務をご相談頂き、お見積もりをご依頼頂ければと思います。